本会で扱っていない分野をテーマとし異業種の方同士で交流する場となるセミナー。 打ち解けた会話を意味する「トーク」を、ゲストや参加者が「オープン」に行うという気持ちがこもっています。

 

 

■ 第1回オープントーク(2018/12/1)

  「復興から創生に向けたムラづくり
  〜スノーピーク×八女市笠原地区によるキャンプ場の再生〜」

fds48

 九州北部豪雨で甚大な被害を受けた八女市笠原地区。その地にあるキャンプ場の再生を、森と地域の暮らしを復興するムラづくりに取り組む地域と「野遊び」を軸に地域創生に貢献するスノーピークが協働して取り組んでいます。
その事例を通じて災害復興からの地域創生について大いに学び、語り合います。
 ※建設コンサルタンツ協会のCPD認定プログラム(2.75単位)

ご案内はこちら【PDF】

-------------
■日 時:
     平成30年12月1日(土)13:30〜16:30

■会 場:
     西日本技術開発株式会社 第4・5会議室
     福岡市中央区渡辺通1丁目1番1号電気ビル サンセルコ別館8階
     ※アクセスはこちら

■対 象:
     地域創生または災害復興に関わる行政・事業者・地域の方 80名 ※先着順

■参加費:
     風景デザイン研究会 会 員 1,500円
     風景デザイン研究会 非会員 2,500円
     学生 1,000円
     (会員加入可)

■プログラム:
     ◎全体司会進行:吉田まりえ(風景デザイン研究会幹事)

     第1部:基調講演
     「スノーピークの地方創生の戦略」
        上山 桂氏(株式会社スノーピーク地方創生コンサルティング代表取締役社長)
     第2部:パネルディスカッション
     「復興から創生に向けたムラづくりと地域創生」
        話題提供@:「八女市笠原地区のムラづくりときのこ村の再生」
          森 庄氏(八女市地域おこし協力隊)
        話題提供A:「きのこ村への関わり、提案」
          若松 隆一氏(株式会社スノーピーク地方創生コンサルティングシニアマネージャー)
        パネルディスカッション
          コーディネーター:鮎川 透氏(株式会社環・設計工房取締役会長/風景デザイン研究会副会長)
          パネラー:上山 桂氏(前掲)、若松 隆一氏(前掲)、森 庄氏(前掲)
     第3部:フロアディスカッション(交流会)
          ターム@所属・参加動機・今日の感想
          タームAあなたが今日の話を受けて持って帰ること
   *閉会後、近隣で懇親会を開催予定(会費制:3,000〜4,000円程度)

■申込方法:
     下記の情報を記載の上、メールにてお申し込みください。
      E-mail:info●fukei-design.jp(担当:伊東)(●を@に変えて下さい。)

     メール件名:
       「オープントーク申込」
     メール本文:
       @氏名
       A所属
       B連絡先(電話番号)
       C風景デザイン研究会の会員・非会員
       D懇親会 参加・不参加
     
■CPD登録:
     建設コンサルタンツ協会のCPD認定プログラム 2.75単位

■主 催:
     風景デザイン研究会